リビングで気軽にアートを楽しもう ボタニカルアート

リビングで気軽にアートを楽しもう

ボタニカルアートやイラストなど私の気に入ったアート作品について気ままに書いてます。最近は大好きなネコのことや日常のことも書いてます。アート画像提供:ビブリオポリ(http://www.bibliopoly.co.jp/art.html)
2017年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年07月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

今月はお誕生日

今月はお誕生日

夫が佐倉の歴史民俗博物館で開催されている 『よみがえれ!シーボルトの日本博物』展を見に行きたいというので、せっかくならば誕生日祝いを兼ねてドライブしながら鴨川の温泉に泊まって帰ってきましょ、ということで先日出かけてまいりました

ドライブルートはナビ任せ

あれよあれよという間に銀座方面、羽田方面とどんどん遠ざかっていきます

果たして全く違うところへ連れて行かれるんじゃないかと夫と2人で不安になっていたら目の前にレインボーブリッジが..

P1020822.jpg

そうか、ここを渡って東京湾アクアラインを通って、千葉に行くのねとそこで初めて気づきました


私は昔、娘と千葉にお花摘みに行った時にバスで通ったことがあるのですが、夫は初めてということで大興奮

海ほたるでお昼を食べてから景色でもゆっくりと思ったけれど、台風一過だったので風が強く吹き飛ばされそうでした(笑)

P1020827.jpg


何だかんだと言いながら、道中長旅で鴨川に着いたときはもうヘロヘロ

P1020831.jpg


その日は海岸線を散歩してのんびり過ごしました


<続く>

スポンサーサイト
【 2016/09/07 (水) 】 ボタニカルアート | TB(0) | CM(0)

新しい額が完成しました♥

ようやく浮世絵用の新しい額が完成しました。

どちらも渋谷文化村で「国芳・国貞」展が開催されたときに作り始めたので、ずいぶんと時間がかかってしまいましたが...


ひとつは歌川国芳の『相馬の古内裏』、3連作の作品です。

P1020635.jpg

竹の雰囲気をイメージして額を作りました。

P1020636.jpg




そしてもう一つは歌川国貞の『手習い帳をもつ娘』、こちらは2連作の作品です。

P1020640.jpg

漆風の風合いをイメージして作りました。

P1020637.jpg


どちらもかなり先生にお手伝い頂いて完成までこぎつけましたが、イメージ通りの額に仕上がって大満足です。


画像提供:ビブリオポリ

デザイン提供:アトリエYO

相馬の古内裏
  ⇒ http://www.bibliopoly.co.jp/images/kuniyoshi/bpuky004.html


手習い帳をもつ娘
  ⇒ http://www.bibliopoly.co.jp/images/kunisada/bpuks003.html


【 2016/08/07 (日) 】 ボタニカルアート | TB(0) | CM(0)

猫まみれ展

三重県立美術館では4/23(土)から 『猫まみれ』 展が開催されるとのこと。

ネコ好きの私としては行ってみたい展覧会です。

でも、遠いからな..

今度、娘のところに遊びに行った時に寄ってこようかな。

という訳で、今回は私が好きなネコのイラストをご紹介します。


こちらはルイス・ウェインの描いたイラスト。

猫たちのだらんとした雰囲気やくにゃりとした感じが表れていて好きな作品です。

lw014.jpg


こちらはブラック・キャットシリーズの1枚。

とぼけた顔がいいでしょ?

z149.jpg


最後はこれ。

猫たちが何やら美味しそうなものを作ってますね。

このポストカードは自分で額装してみました。

z056g.jpg


今回ご紹介したネコのイラストはこちらからご覧いただけます。
   ⇒ http://www.bibliopoly.co.jp/cat.html



【 2016/04/17 (日) 】 ボタニカルアート | TB(0) | CM(0)

イングリッシュ・ガーデン展に行って来ました

先日、汐留ミュージアムで開催されているイングリッシュ・ガーデン展に行って来ました。

たまたま銀座に出かけたので、そういえばと思い、急遽立ち寄ったのでゆっくりは見られませんでしたが、素晴らしい作品を間近で見られて感激でした。

P1010081.jpg


普段なかなか見ることの出来ないバシリウス・ベスラーの作品もありましたよ。

展示してあったものは 『カーネーションとナデシコ』 はこれと似ているけれど違う作品でした。

カーネーション


カラーではありませんでしたが、この 『ヒマワリ』 が描かれた植物誌も展示されていました。

b001g-3.jpg


そして、ウィリアム・モリスのテキスタイルもあって、見どころ満載。

wm011.jpg


私にはもってこいの展覧会でした。

会期は3/21までなので、もう一度行って今度はゆっくりと見てきたいと思います。


【 2016/02/08 (月) 】 ボタニカルアート | TB(0) | CM(0)

番外編 ~ 豚肉と豆の煮込み作ってます!

今週末は蓼科で古楽仲間の集まりがあり、参加者の食事も分担して作ることになっています。

毎年1~2回開催される恒例行事なのですが、いつのまにか我が家がメインディッシュ担当になってしまい、その都度夫と二人で苦労しています。

しかも、今回は最高記録の50人分。

そんな訳で、ちまちました料理ではサーブするのが大変ということで、今回は 『豚肉と豆の煮込み』 に挑戦しました。

いつもであれば、事前に試作品を作るのですが、今回はその時間もなく、ぶっつけ本番で挑戦。


何せ50人分なので材料の準備も大変なのですが、今回も我が家御用達、地元スーパーのツルヤさんが協力してくれてすんなりと準備できました。

でも、この量です!!

豚肉は一人100グラム×50人分、玉ねぎ12個ににんにく、鳥ガラ、マッシュルーム、にんじん、セロリ、うずら豆、ホールトマト、パセリ、小麦粉、オリーブオイルetc.

P1000552.jpg P1000553.jpg P1000554.jpg

鳥ガラスープを作るめ、さっと湯通しした鳥ガラをセロリの葉っぱとねぎと一緒にひたすら煮込んでアク取り

P1000555.jpg

玉ねぎとセロリはみじん切りにして、玉ねぎはキツネ色になるまでよーく炒めます。
(12個分のみじん切りは機械を使わず手でやりましたよ!!)

セロリは蒸し焼き風に火を通し、そこにホールトマトの缶詰を投入します。

P1000556.jpg P1000557.jpg P1000559.jpg


豚肉は塩コショウしてから小麦粉をまぶしてオリーブオイルで表面をこんがり焼きます。

焦げ目が付いたら白ワインを入れてアルコールを飛ばし、先程のトマト鍋に投入します。
(火が出て怖いのでこの作業は夫担当)

P1000558.jpg P1000561.jpg P1000562.jpg

P1000563.jpg P1000564.jpg P1000565.jpg


うずら豆は水につけて一晩ふやかしたら、あとはひたすらコトコト煮てアク取りします。

P1000568.jpg


マッシュルームとにんじんと、柔らかくなったお豆をトマト鍋に入れて、あとは味がしみ込むまで煮込みます。

P1000569.jpg P1000577.jpg


分量が多いので大鍋を2つ使って作っていますが、明日現地に行けば大きな寸胴鍋があるので、そこで合体させて味を調える予定です。


と、今日のところはここまで。

結果はまた後日ご報告いたします。




【 2015/11/06 (金) 】 ボタニカルアート | TB(0) | CM(0)
プロフィール

ショコにゃんママ

Author:ショコにゃんママ
猫と古楽と骨董とアートが好きです!

全記事表示リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。