リビングで気軽にアートを楽しもう 挿絵
FC2ブログ

リビングで気軽にアートを楽しもう

ボタニカルアートやイラストなど私の気に入ったアート作品について気ままに書いてます。最近は大好きなネコのことや日常のことも書いてます。アート画像提供:ビブリオポリ(http://www.bibliopoly.co.jp/art.html)
2021年04月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2021年06月

ケイト・グリーナウェイの描いた子供服

イギリスを代表する挿絵画家及び絵本作家、ケイト・グリーナウェイ

彼女のファンは今でも大勢いらっしゃいますね

kg212.jpg


特に挿絵の中で描かれた子供服のファッションは当時も現代も非常に注目されています

kg102-2.jpg

現在、都立庭園美術館で開催されている 『こどもとファッション』 展でも取り上げられていました


そして、ネコ好きの私が好きな作品はこれ

ABC絵本 『アップル・パイ』 の中の1枚ですが、まるで我が家の日常風景のようです(笑)

kg205.jpg


画像提供:ビブリオポリ

ケイト・グリーナウェイのアートカタログ
   ⇒ http://www.bibliopoly.co.jp/greenaway.html

ケイト・グリーナウェイのポストカードセット
   ⇒ Amazon



スポンサーサイト



【 2016/08/17 (水) 】 挿絵 | TB(0) | CM(0)

『赤毛のアン』ではなくて『リトル・アン』の挿絵です

先月、ブログを更新してからまた1ヶ月近く経ってしまいました。

本当に月日の経つのは早いですね。


さて、4月からのNHKの朝ドラは 『赤毛のアン』 を翻訳した村岡花子さんがモデルになっているそうです。

そこで、 『赤毛のアン』とは全く違いますが、同じアン繋がりということで、今回は リトル・アン挿絵を描いた ケイト・グリーナウェイ の作品をご紹介します。


リトル・アン』は1900年代全般に、イギリスで出版された挿絵本です。

この絵本の挿絵を描いたケイト・グリーナウェイはイギリスの画家としても有名です。


彼女の描いた子供の絵は、当時の子供服のデザインに大きな影響を与えたようです。

確かに、彼女の絵を見ているとヴィクトリア朝の上流階級の生活がかいま見られますね。

kg105.jpg 


画像提供 ビブリオポリ http://www.bibliopoly.co.jp/greenaway.html


【 2014/04/10 (木) 】 挿絵 | TB(0) | CM(0)

来年は「不思議の国のアリス」発刊150年記念とか

 またまたお久しぶりのブログです。

来年は、ルイス・キャロルが「不思議の国のアリス」を発刊して150年になるそうですね。


巷では、今年からアリス関連の催しがたくさん予定されているようです。

私も、アリスは大好き。

これまでもこのブログでいろいろなイラストレーターの挿絵をご紹介してきました。


何だか、誰のどの作品について書いたか忘れてしまったので、今日はチャールズ・ロビンソン挿絵を取り上げます。

cr002.jpg


この絵は、皆さんもよくご存知の「ティーパーティ」のシーンです。

テニエルもラッカムも同じシーンを描いていますが、私はこのロビンソンの絵が一番好きです。


マッドハッターは、近所のコーヒー豆屋さんのご主人に似てるし(笑)、ウサギとぼけたの表情もうちのネコに似ていて親近感があります。(そんな理由か...)


皆さんは、誰の絵がお好みですか?



画像提供 ビブリオポリ : http://www.bibliopoly.co.jp/alice-2.html



【 2014/03/03 (月) 】 挿絵 | TB(0) | CM(0)

不思議の国のアリス<チシャネコ>

この絵は、ルイス・キャロルの書いた絵本『不思議の国のアリス』の中の、アリスとチシャネコのシーンです。

c002.jpg 

この本の挿絵は、ジョン・テニエルが描いています。

私は、このアリスの後ろ姿が可憐で好きです。

チシャネコの顔も『となりのトトロ』に出てくる猫バスの顔に似ていて、面白いですよね。

ジョン・テニエルの描く絵はちょっと不気味さも感じますが、そこがまたイギリスらしくていいんです。


この絵は渋谷東急BUNKAMURAのナディッフ・モダンで購入できます。

不思議の国のアリス挿絵はビブリオポリでも直接販売していますので、一度見てみてください ⇒ http://www.bibliopoly.co.jp/alice.html

【 2012/06/24 (日) 】 挿絵 | TB(0) | CM(2)

不思議の国のアリス【赤の女王】

赤の女王
今日の絵はちょっと変わったところで、ルイス・キャロルの不思議の国のアリス挿絵の中から、アリスと赤の女王のシーンを選んでみました。

不思議の国のアリスには面白い挿絵がたくさんあって、見ているだけでも楽しいですよね。

カラフルな色使いだし、これからクリスマスにかけてはこんな絵を飾ってみるのいいかも。
 
【 2011/10/24 (月) 】 挿絵 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

ショコにゃんママ

Author:ショコにゃんママ
猫と古楽と骨董とアートが好きです!

全記事表示リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: