リビングで気軽にアートを楽しもう 番外編-45人分のビーフシチューその後
FC2ブログ

リビングで気軽にアートを楽しもう

ボタニカルアートやイラストなど私の気に入ったアート作品について気ままに書いてます。最近は大好きなネコのことや日常のことも書いてます。アート画像提供:ビブリオポリ(http://www.bibliopoly.co.jp/art.html)
2018年11月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2019年01月

番外編-45人分のビーフシチューその後

前回は、ビーフシチューを仕込むところまでご紹介しました。

今回は現地に運んで食べるまでをざっとお伝えします。


鍋が2つになってしまい、しかも鍋の淵ギリギリまで入っているので、気を付けて運ばないとこぼれてしまいます。

ということで、それぞれダンボール箱に座布団を敷いて、その上に鍋を置いて、また座布団を乗せた状態で、車の後部座席に置いて運びました。

この方法は保温性もよくて、運搬中も温度が下がらず煮込み状態が継続するのでお勧めですよ。
 
こんな感じ
P1050928.jpg


下り坂での急停車は中身がこぼれてしまうので絶対に避けなければなりません。

家から現地まではいくつか山を越えなければならないので、いつになく慎重に運転しました。



現地には大きな寸胴鍋があるので、2つの鍋の中身を移し替えて、ロット間差(科学者みたいですが...)をなくします。

この鍋何リッターはいるんだろ??
P1050945.jpgP1050944.jpg

彩のブロッコリも塩茹でしてスタンバイOK
P1050946.jpg


で、後は味を調えてひたすら煮込みました。

その間、近くでたくさん出ていたふきのとうを積んできて、天ぷら作り。

P1050952.jpgP1050947.jpgP1050948.jpgP1050949.jpg
P1050957.jpgP1050958.jpgP1050963.jpg

手間はかかるけど、フキノトウを葉っぱみたいな部分を1つずつ花のように広げておくと、揚げた時に花が咲いたように綺麗にしあがります。

どうぞお試しください。


他のメンバーが作ったお料理も美味しくいただきながら、いよいよビーフシチューの出番

P1050960.jpgP1050961.jpgP1050984.jpgP1050985.jpgP1050986.jpg 


最終的にはこんな状態で皆様にお出ししました。

P1050987.jpg


皆さんに美味しいと言っていただけて何よりでした。


翌日の朝は残ったソースをパンにつけて食べたらこれがまた美味しかった(自分で言うのも何ですが..)


以上、番外編終わり







【 2014/04/20 (日) 】 ボタニカルアート | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ショコにゃんママ

Author:ショコにゃんママ
猫と古楽と骨董とアートが好きです!

全記事表示リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: