リビングで気軽にアートを楽しもう 『サティのうた』を見て思い出したこと
FC2ブログ

リビングで気軽にアートを楽しもう

ボタニカルアートやイラストなど私の気に入ったアート作品について気ままに書いてます。最近は大好きなネコのことや日常のことも書いてます。アート画像提供:ビブリオポリ(http://www.bibliopoly.co.jp/art.html)
2018年11月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2019年01月

『サティのうた』を見て思い出したこと

先日、BSで 『サティのうた』 という番組をやっていました。

録画を見ながら、昔のことを思い出したのでちょっと...


サティの 『ジムノペディ』 は私がチェンバロで演奏した唯一の曲です。

いきさつはというと、結婚式でケーキカットするのも芸(?)がないということで、夫はトラヴェルソ、私はチェンバロでこの曲の演奏に挑戦したのでした。

結婚式にはプロのチェンバロ演奏家の方も来て下さって、その方が持ってきてくれたイタリアンチェンバロを使いました。

その頃の勤め先にはピアノがあったので、いつも夫と定時後に練習していたのですが、チェンバロはピアノと全然違うので本番ですごーく焦ったのを覚えています。

ただ、うまくいったのかどうかは覚えていません。


だいたい、当時(1988年)はまだジムノペディも今ほどメジャーではなかったのではないでしょうか。

多分この曲を知っている人も少ないし、静かな曲なので、名古屋の親戚のおじさんたちからは「葬式のような結婚式だった」と言われました(笑)。

確かに、来賓の方々も賑やかなカラオケソングを歌うのではなく、チェンバロやリコーダーの演奏でしたから...


それに、何と言っても入場の時の曲が葬送行進曲でした。

この曲は、朝のNHK-FMでやっている『古楽の楽しみ』の前のテーマソングです。

いい曲だったので使ったのですが、結婚式後に葬送行進曲だとわかりました。

でもまあ、そのことに気付いた人は来賓者の中でも数人だと思うので、これもまた余興ということで。

「結婚は墓場だ」という言葉もあることだし..


ということを、ふつふつと思いだしたのでした。

もう27年も前のことです。




【 2015/02/08 (日) 】 ボタニカルアート | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ショコにゃんママ

Author:ショコにゃんママ
猫と古楽と骨董とアートが好きです!

全記事表示リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: